プロジェクトについて

昔より 平均寿命が伸び、現代の中年にさしかかった人々は、以前とは異なった生きがいを経験しています。すなわち若年でも高齢でもない人々の老化経験を調査します。まだ若年なのか、もう高齢なのか曖昧でアンビバレントな時代へのスマートフォン使用(特に健康の為の使用)に焦点を当てたデジタルメディアの影響の調査を目指します。

どのように人々の高齢化や健康との関係が、世界的な成長をするスマートフォンの影響を受けているか

昔より 平均寿命が伸び、現代の中年にさしかかった人々は、以前とは異なった生きがいを経験しています。その現代の45歳から70歳 (若年でも高齢でもない)の人々の老化経験を調査します。

まだ若年なのか、もう高齢なのか曖昧でアンビバレントな時代へのスマートフォン使用(特に健康の為の使用)に焦点を当てたデジタルメディアの影響の調査を目指します。

モバイルヘルスは人々が病気、疾患、および虚弱に対処するのを助け、高齢者の需要にますます対応しています。しかし、医療専門家へのアクセスが制限されている人を支援する可能性はあるものの、専門的な医療サービスを阻害する恐れがあります。

民族誌的コラボレーションは文化的に適切かつ効果的なモバイルヘルス介入につながるか。

私たちの目的は、民族誌主導型の参加型デザインでモバイルヘルスの介入を改善することです。私たちにとって、「スマートエイジング」の「スマート」とは、トップダウンの介入だけではなく、人々による技術の創造的利用を認知することを意味します。保健医療専門家、民族誌の情報提供を受けたチーム、現場の情報提供者との間では、3者間のコラボレーションが想定されています。

モバイルヘルス介入をより効果的にするため、老化の現代性に及ぼす新しいメディアの影響を理解する困難と、この知識を利用する困難を組み合わせて考察します。
知的及び適用される課題は、比較民俗学的アプローチによって明らかにされた文化的多様性の形態に対する感受性によります。

人類学の成果やその後は何か

関与する人類学におけるこの演習は、これまでスマートフォンをグローバルな比較の観点から考慮していなかったデジタル人類学の分野における知的発達を伝えるものです。
私達の意図は、人類学とより広い聴衆の両方を対象とした一連のオープンアクセス著書と共同著書を書くことです。また、このウェブサイト、映画、及びアクセス可能な教材を通して結果を共有します。

ico_smartphones

スマートフォン

民族誌は、スマートフォンが人々の生活のあらゆる部分に、文化的な生活への参加、余暇活動など、さまざまな側面からどのように影響を与えるかを考察します。私たちは、アプリケーション文化とその年齢と健康との関係を人類学的に比較する時が来たと考えています。このように 、11箇所の調査地にわたるスマートフォンの使用と影響を比較評価することを遂行します

ico_clock

スマートエイジング

年齢は、どのように多くの社会が編成されているかの中心です。しかし、退職などの伝統的な年齢に基づいた慣行は、多くの地域で平均寿命の著しい増加に適応していません。中年の方達は、年齢の権限を主張すべきか、 若年の地位を主張するかどうか不明確かもしれません。私たちにとって、「スマートエイジング(smart aging)」とは、創造的な技術の充当を通じて、デジタル時代に中年が再定義されていることを認識することを意味します。

ico_health

モバイルヘルス

近代、医療情報やサービスへのアクセスを向上させる可能性を秘めた膨大な数のモバイルヘルスアプリケーションが世界的に開始されています。しかし、規制されていない誤った情報に医療専門知識と置き換え、医療専門家と患者との関係を損なう危険性もあります。民族誌を通して、モバイル ヘルスの社会的および文化的状況に注意を払うことによって、急速に進化するこの分野において、理解と実践を進めることを目指しています。モバイルヘルスとはスマートフォンの健康アプリのみということではありません 。この研究は、 人々が健康に関連するスマートフォン の一般的な使い方に集中します。例えば、WhatsAppアプリを、ケアマネージメントのため使用したり、Googleアプリを健康情報を得るために使用するなど様々な例があります。

調査地

チーム

チームのほとんどは、UCLに拠点を置き、5年間の欧州研究評議会(ERC)の上級助成金を拠出しています。チームには博士課程の学生、ポスドクとフルタイムの教職員が含まれています。このプロジェクトには、他のUCL学部、機関、資金調達源との協力も含まれています。

以下プロジェクトパートナーを参照して下さい

Start typing and press Enter to search